事務所概要

GREETINGご挨拶

当事務所は、東京の共同事務所で30年間業務を行ってきた門井弁護士が、弁護士生活30年を機に故郷に戻り、地域の人たちの良き相談者となろうと考え、2000年2月に「門井法律事務所」として開設されました。

国道294号線沿いの田圃の中に位置し、事務所の窓からは筑波山が一望できます。また、天気が良ければ日光連山や遠く富士山も見える絶景の場所です。

事務所開設当初は、弁護士ひとりと事務員2名での出発でしたが、その後事務員が3名に増え、2004年10月に弁護士2名体制となるのをきっかけに、現在の「つくばね法律事務所」に名称を変更しました。

現在は、弁護士5名、事務員4名の総勢9名が在籍する事務所となり、地域の個人、会社等のあらゆる事件の相談に応じ、また裁判所を通じて依頼される国選刑事事件、破産管財人、成年後見人の業務も担当しています。

当事務所は、幅広い分野において質の高いリーガルサービスを提供すると共に、地域の人たちが困難に直面した時に気軽に相談できる、【町医者】のような身近な存在であり続けたいと思っています。

つくばね法律事務所
代表弁護士 門 井 節 夫
代表弁護士 関   健太郎

office事務所概要

名称 つくばね法律事務所
設立 2000年2月
代表者 弁護士 門井 節夫
弁護士 関 健太郎
所員構成 弁護士 5名 / 事務局 4名 (2022年1月1日現在)
所在地 〒304-0801
茨城県下妻市大園木2839-1 大建ビル2階
※相談室は3階ですが、エレベーターがございません。
連絡先 TEL:0296-30-5600 / FAX:0296-30-5611
受付時間 平日/9:00〜17:30