離婚

協議離婚(夫婦間の話し合いで、親権などを取り決めて離婚届を作成し、役所窓口に提出する方法)ができない場合や、離婚自体には合意しているものの親権や慰謝料等が合意できない場合に、相手方との交渉や、代理人として裁判所での手続(調停離婚・審判離婚・裁判離婚)を行います。
例えば、こちらは離婚したいが相手方が離婚を拒否している場合、子どもをどちらが引き取るかの合意がまとまらず、そのため離婚届を書くに書けないような状態になっている場合、離婚に当たって分与する財産額に争いがある場合などは、調停を利用したり、弁護士に頼んだほうがより良い結果につながることになります。ひとりで悩まずに、是非一度弁護士にご相談ください。

費用はこちら